2008年07月29日

中国投資

内容摘要:本文は電気通信投資が我が国経済の高まりの貢献および貢献に変化した大勢に値することを研究した。利用して我が国の2000−2005の年は31個は市のデータを省いて、両者間の系構造方程式を建設し推定した。結局我が国電気通信が投資して我が国経済的な高まった限界に貢献して平均で2.376%とすると発見して、他の社会基礎投資の高い6.758%と比べる、ただ電気通信投資した限界は貢献して下ることを現れる大勢。地域実地調査の結局表明を分けて、電気通信投資とその貢献は明らかな地域非均衡が存在していて、西部であることは生産性の促進作用のはるかに遠い高于東部と中部に対する;我が国西部は大きさを加えて電気通信に対する投資に応えて、東部は投資構造を調整する必要があって、それで中部はすると措置を取って電気通信消費を活性化することが当然だ。本文は同類に必ず突破することを取得したことを研究して、RollerとWaverman(2001)の研究結論と相反する、得た実証結論と彼らはネットワークの効に限界貢献方面の理論が相反すると予測することに呼応して、電気通信を制定することに投資して戦略は作用を指導することを持っている。

1、問題の提出

  経済的に高まることはまっすぐにエコノミストと政府関心を払った重点問題の一つです。理論は利用されることから新しいクラシック外に模型を高めることを起こすことを研究する (Solow、1956は)過渡的に到は利用内に模型を高めることを起こす (Romer、1986は)経済的な高まった径を解釈することに来る。理論を除いて研究して、比較的に多い学者が同様に経済的な高まった動因に研究を大量で経験した (De Long and Summers、1991、1993;Mankiw et al.、1992)。GrossmanとHelpman(1994)は考えて、経済的に高める領域の研究が3が分類するためこと:ちょっと資本が累積することであり高まりと、2は経済的な高まった外部性で、3は経済的推進作用に対することを打ち出すことを研究することです。この領域の研究枠組みはすでに完全さに対して、近日の研究はただ生産する関数が具体的推定と方法上に改良と改善することを構造すること。新しいクラシックの生産関数は3個が主要であり要素を生産することを包括する:働いて、資本と技術、以後で内模型を高めることを起こしてかつ資本を実物資本と人力資本分解してなって。情報技術の発展につれて、情報は為一が特別な生産要素をまいて、その作用はしだいに凸であり顕わし出して、情報のリアリティーはばかりでなく戦略を管理することに影響して効率を伝送して、そのうえ具体的生産と設計工程に影響する。RollerとWaverman(2001)は電気通信を投資する行為要素変量、利用系は方法がこのちょっと特別であり要素を生産して経済的な高まった作用に対することを推定したと推定して、効果と反応と内天性影響のちを固定することを消却して、電気通信は投資して経済的な高まった作用にすでに少しの学者のようでない (Aschauerのよう、1989は)推定したものはあんなに大きくて、同様に少しの学者のようでない (Balmaseda、1996は)推定したものはあんなに小さい。

  我が国電気通信業はしかし歩みが比較的に晩を起こして、ただ速度が比較的に快を成育して、2004年6月までで締め切って、我が国電気通信業のユーザーはすでに6億を突破して、規模の居世界トップ、アメリカを超過して、日本とインドの総和。我が国電気通信業は国民経済にどんな役かを演じることを成育して、績の効のどんなかを高めて、国民経済体系と調和であるかどうかを成育する、これらの問題の解決は全部深く入る分析が研究を要する。本文はRollerとWavermanの構造分析法を参考にして、我が国電気通信業データとマクロがデータを通算して我が国電気通信業投資の対した経済の高まりの貢献と変化規律を実地調査したことを利用する。

経理 求人
会計 求人
【関連する記事】
posted by 長期投資 at 13:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資関連

内容摘要:投資規模は適度であり合理的に科学発展の1個の重要な要素に影響することです。数年が山西投資に来て比較的に速く高まることを保持したことに近くて、ただ投資水準と周辺と中部の省は一定の差異が依然としてあることと比べる。当面の山西はちょうど転の型のときで、跨いで、切り立った肝心の時期、適度で投資して規模は科学が”四大は堅城を攻略する”発展した客観的需要と保障を成育して実施することです。研究改革が以来山西省投資を開放することと経済的な高まり間の関係および投資波乱の対した全省経済的周期的波乱の影響を分析して、その規律から探すことができる、山西省アクティブは適度で投資する規模の50%の投資率と15.0%前後を保持するべく投資して優先する成長率、投資年平均は25.0%−30.0%間波乱にいることが当然なことを高めて、これはある山西経済的社会科学発展した固有の要求、科学が投入し投資することの構造は投資になることが当然なことを向上させる高まった重要な政策はこのために堅持して。

投資は資源が配置した重要な手段を向上させることであることを運動する。適度の投資規模は社会を実現して良性の循環を再生産する基本的条件で、同様に投資効果と利益の前提条件を高めることです。経済的社会調和発展の規律を見れば、投資して経済的社会発展間に相互に依存することであることと、相互に制約する、投資規模は適度ですか、合理的で、科学発展の1個の重要な要素に影響することです。山西経済的に達した中部地区の省を未払いのこととして、中部地区を促進することに切り立って”四条路子”を堅持して行き出すことを求めて、”3個は跨ぐ”を実現して、適度の投資規模と高まりの速度を保持するべきで、同時に投資質量と効果と利益を高めなければいけなくて、経済的社会全体を確保して、協は発展することに亘ることができることを調合する。国家マクロコントロール政策がさらに増強の大きい背景下にいて、正確に投資して経済社会発展の影響程度に対すると認識して、科学は投資した適度の規模を測量計算して、客観的に投資規模の要素に影響することを分析して、充分に投資が経済的に高まることに対することと社会事業発展のものが動作を引いて用いることを発揮して、対して促進して全省経済的社会はまたよくてかつ速い科学は十分に重要な意味があることを成育する。

1、山西投資規模の発展軌跡は分析する

適度の投資規模経済的に社会事業と2重効果と反応を持っていることを成育することを高めることに、それは総の求めた作用に対することによって短期が水準を産み出すことに影響して、ともに資本形成の作用を通過する、潜在の生産能力と総供給に影響して、これによって長期の発展大勢を左右する。総の求めた角度から見ることにかかわらなくて、依然としておよそ角度が見ることを供給することから、固定資産投資の都は非常に重要で、それはすでに生産能力を増やすことができて、また求めることを構成することを生産することに。

1、縦のは分析して、投資規模は絶えず拡大する。以来を開放することを改革して、経済的に社会的に発展する需要と資金由来のものと出来ている、全省投資規模前号は滑らかに上がって、後期は速くて猛烈に拡大する。1978年、全省全社会固定資産はただ21.5投資して100000000元なって、ただ23.0%を高めて、これから100億元が9年を用いたことに上がって、年平均は19.4%を高めて、再び500億元が十一年を用いたことに上がって、年平均は13.9%を高めて;1000億元の大関が5年を用いたことに跨がったことがあって、年平均は12.6%を高めて、2000億が了三の年を用いることを突破して、年平均は28.7%を高めて、3000億元が1年を用いたことに接近して、同は26.1%を高めることと比べる、2000年以前の山西を見つけて投資する規模は滑らかに上がる時期のときで、それぞれの前の1個の新しい踏み段は時間が比較的に長を隔てて、”十五”は、以来、投資が最速時期を高めることになって、主としてそれぞれの2年に前の1個の新しい踏み段に就く。

2、横の方向で比較して、投資水準差異は広げる。以来を開放することを改革して、前期投資は水準と周辺と中部の省が適切を成育して、全国の中の上のときのことに平らに泳ぐ;後期を開放することを改革していて、投資は水平に比較的にのろさを成育して、差異は拡大に赴く。1982年をもって例として、山西の投資規模は全国に中の上が平らに泳ぐときで、全省全社会固定資産は投資する (見表の2、全国の同の比べた口径は以下同じで)、東部発達投資と比べることを省くことと水平に基本的に双方が接近して、周辺と中部地区と投資と比べることを分けることを省くことは水平に中の上が平らに泳ぐときです。1998年の山西の投資規模は全国に中の下のときで平らに泳ぐ、山西投資規模は明らかでありわざと小さくて、東部発展の省投資規模は基本的に1000億を突破して、周辺と比べることを分けることを省く、しかし内の蒙高と比べて、ただその他と投資を分けることを省くことは水平に比べて、差異は明らかに広げる。中部地区に同様に落伍した状況(見表の3)に対するときで、山西の皆の社会は投資して総量は中部の6の省みた比重の1982年からの14.5%下って2007年とする10.4%を占める、投資は発展して水平に明らかに中部平均の水準に落伍して、山西経済を建設した速度がさらに強まることを待たなければいけないと表明する。

2、山西は投資して規律と経済を高めて水準の高さを成育して相関的です

改革することから開放的に山西をもって投資経歴の建築として来て歩み(1979−1992の年)を起こして、(1993−2002の年)を調整することを拡大して、向上して(2003−2007の年)を成育する3個は段階で発展する歴程と規律は見に来て、投資した高まりの規律と経済は水準高度な相関を成育する。

1、投資率変動は影響した経済的に社会発展水準の重要な要素です
ラベル:中国 投資
posted by 長期投資 at 12:59| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資って・・・

価値が持っていなくて投資は価値の投機だけがある、あなたは同じだと認めるか?
わたしは同じだと認める。
(から 2003年始年末半年投資する基金率先する奮い起こす価値投資大きい旗始め )、筆者のまっすぐに全て(皆)価値を同じだと認めなくてについ言えば投資の言い方。
一方 (中国の株そうばとても欠乏しい投資価値市場に出す会社 );
ほかの方面たとえ特定の時期に(で)です、いくらかの会社を市場に出す過小評価したももの値段の、しかし中国の株そうばとしての中に投資者は話す、でもですものこの種類の株券に対して投機し炒めるものやめたもの、急速に高いももの値段を引く、それから利益を得解決する。
だから、中国の株そうばの中は本当に価値の投資が持っていない、そして価値の投機の存在だけがある。
この観点、いまだに筆者の不変。
いわゆる価値が投資するでも投資の基金が自分の自分をよく見せがけようとするにあげるです、いくらかのの人為的な中国の株そうばの自分をよく見せがけようとするにすぎない。
なんで中国の株そうばは価値の投資が持っていないか?
これは真っ先に中国により株そうばの新しいももが構造を発行される決定したことです。
皆ご承知のようです、中国の株そうばは会社の品質(質量)につい言えばを市場に出すこと高くない、むずかしく投資の価値が言うに足りることがある。
少数優秀な会社が市場に出すことですたとえ、しかし新しいももの高いプレミアムため発行する、(にこの種類の会社の投資も価値に大いに当座を貸し越す )。
たとえば先日は市場に出す中国の遠洋を発行する、(に思い一軒青い計画の会社 )、其れが相場を差し出してよろしい率に満ちるは 98.67倍に達した、こんな株券は投資の価値が言うに足りることがまだあるか?
残るのが市場の投機を即ち何々ですのは炒めつくった。
中国の株そうばは価値に投資しなかった、中国により株そうばの投機が性の決定。
中国の株そうばは一つの典型的な投機の市です、この投機の性のが新しいももを育成した高いプレミアムの発行のだけでなく、同時に新しいもも負ける神話を育成した、新しいももの高いプレミアムを育成したのは市場に出す、にいたるまで幾つかの青い計画会社のが市場となった投機はつくる記号を炒める、また
いかなる投資の価値。
それと中国の遠洋例として、そのももが相場を差し出率に満ちるは 98.67倍に達した、もうとても追いつけなくてものさせる。
しかしそのももが日を市場に出すのは意外にも 93.16」・に暴騰する、第二日目は漲の立ち合い中止を引き出す、ももの値段は 18.02元に達する、市が率に満ちるのは 210倍に達する。
だから、その時の中国の遠洋はまだ価値の投資を思いことができるか?
中国の株そうばは価値に投資しなかった、もと組織の投資者の軍隊の快速な発展は強大で関係がある。
常例に超えている組織を発展している投資者の旗下の方、基金に投資するのはものすごく速い発展を取得しただけでなく、そして団体のが基金とと保険会社を保つ前後株そうばを入れた皆中は来る。
しかし組織の投資者の同時軍隊は快速な発展、会社の品質(質量)を市場に出すのはヌひはない快速ついて行く、全体で市場は組織投資者購入するの青い計画もも数量を供給するしてよろしいにあがること限りがある、そこで物が少く人が多い情況の下に、
組織の投資者が次に青い計画を買い入れ(購入する)ることの下にももの情況、青い計画のももの価格は位置を決定されるしたらもう一つ比較的高い数量を見積るに(で)水平の上、(これに青い計画ももも失うあるべきです )

会計 転職
金融 転職
転職サイト
ラベル:中国 投資 投機
posted by 長期投資 at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資

価値が持っていなくて投資は価値の投機だけがある、あなたは同じだと認めるか?
わたしは同じだと認める。
(から 2003年始年末半年投資する基金率先する奮い起こす価値投資大きい旗始め )、筆者のまっすぐに全て(皆)価値を同じだと認めなくてについ言えば投資の言い方。
一方 (中国の株そうばとても欠乏しい投資価値市場に出す会社 );
ほかの方面たとえ特定の時期に(で)です、いくらかの会社を市場に出す過小評価したももの値段の、しかし中国の株そうばとしての中に投資者は話す、でもですものこの種類の株券に対して投機し炒めるものやめたもの、急速に高いももの値段を引く、それから利益を得解決する。
だから、中国の株そうばの中は本当に価値の投資が持っていない、そして価値の投機の存在だけがある。
この観点、いまだに筆者の不変。
いわゆる価値が投資するでも投資の基金が自分の自分をよく見せがけようとするにあげるです、いくらかのの人為的な中国の株そうばの自分をよく見せがけようとするにすぎない。
なんで中国の株そうばは価値の投資が持っていないか?
これは真っ先に中国により株そうばの新しいももが構造を発行される決定したことです。
皆ご承知のようです、中国の株そうばは会社の品質(質量)につい言えばを市場に出すこと高くない、むずかしく投資の価値が言うに足りることがある。
少数優秀な会社が市場に出すことですたとえ、しかし新しいももの高いプレミアムため発行する、(にこの種類の会社の投資も価値に大いに当座を貸し越す )。
たとえば先日は市場に出す中国の遠洋を発行する、(に思い一軒青い計画の会社 )、其れが相場を差し出してよろしい率に満ちるは 98.67倍に達した、こんな株券は投資の価値が言うに足りることがまだあるか?
残るのが市場の投機を即ち何々ですのは炒めつくった。
中国の株そうばは価値に投資しなかった、中国により株そうばの投機が性の決定。
中国の株そうばは一つの典型的な投機の市です、この投機の性のが新しいももを育成した高いプレミアムの発行のだけでなく、同時に新しいもも負ける神話を育成した、新しいももの高いプレミアムを育成したのは市場に出す、にいたるまで幾つかの青い計画会社のが市場となった投機はつくる記号を炒める、また
いかなる投資の価値。
それと中国の遠洋例として、そのももが相場を差し出率に満ちるは 98.67倍に達した、もうとても追いつけなくてものさせる。
しかしそのももが日を市場に出すのは意外にも 93.16」・に暴騰する、第二日目は漲の立ち合い中止を引き出す、ももの値段は 18.02元に達する、市が率に満ちるのは 210倍に達する。
だから、その時の中国の遠洋はまだ価値の投資を思いことができるか?
中国の株そうばは価値に投資しなかった、もと組織の投資者の軍隊の快速な発展は強大で関係がある。
常例に超えている組織を発展している投資者の旗下の方、基金に投資するのはものすごく速い発展を取得しただけでなく、そして団体のが基金とと保険会社を保つ前後株そうばを入れた皆中は来る。
しかし組織の投資者の同時軍隊は快速な発展、会社の品質(質量)を市場に出すのはヌひはない快速ついて行く、全体で市場は組織投資者購入するの青い計画もも数量を供給するしてよろしいにあがること限りがある、そこで物が少く人が多い情況の下に、
組織の投資者が次に青い計画を買い入れ(購入する)ることの下にももの情況、青い計画のももの価格は位置を決定されるしたらもう一つ比較的高い数量を見積るに(で)水平の上、(これに青い計画ももも失うあるべきです投資価値 )。
(皮の海の洲)
posted by 長期投資 at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。